忍者ブログ

[PR]

2017.12.16 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

操体について

2009.08.16 - 操体
はじめに


操体・操体法とは、
昭和の初期に、仙台の医師橋本敬三が、様々な民間療法を研究し体系づけた、未病医学に基づく健康維持増進の日本医学である。

初期の段階では、高橋迪雄氏の正體術に大きな影響を受けている。
それは、対になる二つの動きを試してみて、痛みのある方向から痛みのない楽な方向へ動かし、瞬間脱力させることで、骨格関節の歪みを解消するというものであった。

その後、楽を選択するのではなく、快の感覚をからだにききわけ、味わうという様に変わってきている。

操体には、施術者(操者)ではなく、患者自身が医療者の立場に立つという他に類を見ない特徴がある。
それは、本人にしかわからない感覚(内部感覚)をききわけ味わうことで、からだが本来持っている治癒力を引き出すというものである。

なお、橋本氏自身が臨床で行っていたものを「操体法」、さらに思想・哲学を含めたものを「操体」と区別している。


辻知喜
(2009/09/05)


記事一覧

1 「歪み ~生命力学のバランス~
2   「からだの動き
3   「からだの使い方・動かし方 ~身体運 動の法則~
4 「自力自療
5 「重心安定の法則
6 「操体法動画:第二分析(フルセッション)
7 「身体運動の法則:側屈
8 「操体法動画:一人で行う操体法
9 「操体法動画:正坐位での体幹の前屈
10 「からだにききわける
11 「操体法動画:第2分析の流れ
12 「操体法動画:膝の傾倒
13 「操体法動画:足関節の外転

▲カテゴリー TOPへ
 
PR

TrackBack

TrackBackURL  :
 カレンダー 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 プロフィール 
HN:
辻知喜
性別:
男性
自己紹介:
鹿児島生まれ
東京在住
操体法の創始者橋本敬三氏の直弟子、三浦寛氏に師事。
東京操体フォーラム、いずみ操体研究所で活動中。

操体法東京研究会
東京操体フォーラム所属

立川、国立など、多摩地区を中心に、出張施術も行っています。

快妙道 いずみ操体研究所
http://www.kaimyodo.com/

【問い合わせ】

sotai@kaimyodo.com
メールはこちらから

http://twitter.com/tomoki_tsuji
 ブログ内検索 
 フリーエリア 
 アクセス解析 
 フリーエリア 




 フリーエリア