忍者ブログ

[PR]

2017.03.28 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アサラトと姿勢

2010.05.26 - 雑記
5月25日はアフリカの日らしい。
1963年5月25日にアフリカ統一機構が発足したことを記念して制定されたとのこと。

最近、アフリカの楽器、アサラトを練習している。
直径数センチの木の実を紐で繋げたもので、中には草の実が入っており、振って音を出す。

現地では子供のおもちゃとして手作りのものを渡すらしく、ごくシンプルな楽器であるが、様々な技があり、熟練してくると複雑なリズムを出せるようになる。
最初は振るだけから始まるが、次第に掴んでタイミングをずらしたり、空中に投げたりする。
振っていると、自然に重心安定の法則にもとづいた姿勢になってくる。
別に操体を学んでいるからというわけではなく、上手な人をみていると当たり前にやっている。
局所の動きではなく全身をうまく使うことが大事なのは変わらないのだと思う。
からだの使い方が学べて手先も器用になる。一石二鳥ではないか。

操体を学ぶためにアサラト、どうだろうか。


辻知喜




アサラトの演奏(YouTube) http://bit.ly/afxMqY
PR

TrackBack

TrackBackURL  :
 カレンダー 
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 プロフィール 
HN:
辻知喜
性別:
男性
自己紹介:
鹿児島生まれ
東京在住
操体法の創始者橋本敬三氏の直弟子、三浦寛氏に師事。
東京操体フォーラム、いずみ操体研究所で活動中。

操体法東京研究会
東京操体フォーラム所属

立川、国立など、多摩地区を中心に、出張施術も行っています。

快妙道 いずみ操体研究所
http://www.kaimyodo.com/

【問い合わせ】

sotai@kaimyodo.com
メールはこちらから

http://twitter.com/tomoki_tsuji
 ブログ内検索 
 フリーエリア 
 アクセス解析 
 フリーエリア 




 フリーエリア